{整形外科とは?}
皆様は、整形外科が何をする科かご存知ですか?
眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科などのように、診療の対象部位がそのまま名前になっていると、その診療内容がわかりやすいのですが、「整形外科」という言葉からは、具体的な診療内容がわかりにくいのではないでしょうか。
後の項でも具体的にお話しますが、「整形外科」とは人体の運動器官の病気やケガを取り扱う医学の分野です。当然診察する者は医師で、内臓を除く首から足までの運動器官がその対象となり、骨・関節・筋肉・靭帯(じんたい)・腱(けん)・背骨(その中を通る脊髄)など、またこれらを動かす神経、栄養する血管などの病気やケガによる損傷を研究し治療する学問です。また手足などの先天的な病気も治療の対象となります。
また「整形外科」は、「接骨院(接骨医)・整骨院・ほねつぎ」、などとよく混同されますが、これらはすべて柔道整復師という方が行っている施術所のことで、整形外科は当然ながら医師が行う診療科目です。
他にも「形成外科」、「美容外科」などともよく混同されますが、これらは顔・体などの醜形(生まれつきのものやケガ・ヤケドなどによるもの)を治すことを主な目的とする医学の診療科です。
{どんな患者さんをみるのでしょう?}
重いものを持って突然腰が痛くなったとしましょう。
あなたは何科の医者にかかられますか?
内科でしょうか? 外科でしょうか?
このように、多くの方々が日常経験されたことがある肩凝り、腰痛、神経痛、関節痛などの痛みを中心とした病気、また骨折や脱臼・捻挫、切り傷・スリ傷・打撲などのケガ全般、を診察し治療するのが整形外科です。このため整形外科の治療そのものにも様々なものがあり、手術をしない保存的治療も多く行われます。また整形外科が行う手術には色々な種類があり、例えば脊椎・脊髄の手術、骨折の手術、腱や靭帯の手術、関節の手術(人工関節など)等々があり、時には切断された指や手足の再接着術も行われます。
このように運動器の病気やケガの治療を行うのが整形外科の仕事ですが、結果として起こった運動機能の障害をできるだけ元に回復させることも整形外科の大きな役割です。不幸にして、運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、できる限り元の状態に近い機能の回復を目的とする場合もあります。もちろんこれらの際にはリハビリテーション医療との協力が必要となります。
{どんな場合に整形外科医による治療が必要なのでしょう?}
【具体例】

骨が折れたとき−必要があれば手術的に治療する場合もありますが、ギプス・テーピングなど手術によらない治療(保存的治療)を選択する場合もあります。骨折が治り骨がついた後に、関節が動かない、骨が曲がっている・縮んでいる、などのことが起こったり、最悪の場合骨がつかなかったり、などの場合もあります。このような不都合がなるべく避けられるよう整形外科医による治療が必要になります。
子供さんでは骨が曲がったまま成長したり、また成長が止まったりしないように、大人では早く仕事に復帰できるように、高齢の方では寝たきりにならないように治療法を選択するのも私たちの大事な役割です。
切り傷、スジ(腱や靭帯など)が切れたとき−特にスジが切れた場合、診断が難しい場合があります。肩が上らない、指の動きが悪い、などが起こったりしますが、診断が遅れると治療結果が悪くなり、最悪の場合はスジを縫うこともできなくなります。また縫った後に、周りの組織とくっついて関節が動かなくなることもあり(癒着:ゆちゃく)、適切なリハビリテーションが欠かすことができません。
肩凝り、腰痛、神経痛のとき−まず原因がどこにあるかを診断することが大切です。主にはくび(頚椎)、肩、こし(腰椎)に原因がある場合が多いのですが、レントゲン等で骨の状態を検査し、しっかりした診断のもとに治療することが、より早く病気による症状を軽減させる秘訣です。また頚椎や腰椎に原因がある神経痛では、手・足の筋肉がやせたり、感覚がわからなくなったりして、手術をしなければならない場合もあります。
関節が痛いとき−やはりまず痛みの原因を確かめなければなりません。ケガやスポーツと関係がないか、リウマチではないか、老化によるものではないか、などを診断しなければなりません。それによって治療法も異なってきます。例えば年をとったり、体重が増えたり、関節が変形したりすることからの関節痛が最も多く見られますが(変形性関節症)、多くの方は関節の周囲の筋肉の力を強めたり、関節を温めたり、体重を減らすことで症状は軽くなります。しかし症状が進行すると、時に人工関節などの手術に頼らなければならない場合もあります。
骨が痛いとき−年とともに骨がもろくなって(骨粗鬆症:こつそしょうしょう)痛むことがあります。こういう場合は転倒しないように注意するとともに、予防的に骨を強くするための治療が必要になる場合もあります。